黒猫刺繍腰ひものご紹介です

着物の着付けに必要な腰紐。帯の形を整え着崩れを防いだり、おはしょりを作るのに欠かせません。
素材は純毛モスリンで、洗いにも強く滑りにくく締めやすいのが特徴です。
とっても愛らしい黒猫の刺繍が片側に施されていて、着物の着付けが心から楽しくなるようなアイテムです。見えないところですが、装いの楽しみが増え、お着物姿でのお出掛けが一層楽しくなりますね。

素材…純毛モスリン 巾…約5㎝ 長さ…約2m10㎝ 価格…@735円

カテゴリー: 和小物について | コメントをどうぞ

江戸小紋と工芸九寸帯


「極鮫の江戸小紋に梔子色の九寸名古屋帯」
遠目では色無地に見え、近くに寄れば無数の細かな模様が特徴の一色で染められた江戸小紋。

江戸時代には、武士の礼装である裃(かみしも)に、それぞれの藩が定めた小紋を用いたことから発展しました。江戸小紋に使う型紙は、和紙に錐(きり)などで模様を彫ったもので、伊勢(三重県)で製作されることから〝伊勢型紙〟と呼ばれます。
江戸小紋は、型紙を作る人、彫る人、染める人とそれぞれの職人の技の結晶です。特に〝小紋三役〟と呼ばれる鮫小紋、通し小紋、行儀小紋は、日本人でなければできない究極の技が必要とされています。

江戸小紋は、小紋と言っても格があり、小紋三役をはじめ細かく格の高い柄なら一つ紋で略礼装になります。コーディネイトする帯により、お茶会やお宮参り、七五三、入学式などにもお召しいただける現代のきもの生活にマッチする一枚です。

カテゴリー: 着物について | コメントをどうぞ

赤ちゃんに優しい、綿麻ベビーシリーズ。

私共の店は、着物の他に和雑貨も多く取り扱っています。吸収・速乾性に優れた蚊帳生地を使った〝ふきん〟や麻素材の歳時記タペストリー、日本で古くから使われている柄をあしらった眼鏡ケース・小銭入れ・手拭など、使う人がちょっと嬉しくなるような和雑貨です。

今回は、赤ちゃんにとって心地よい素材で作った綿麻のベビー用品をご紹介します。
上質のリネンと最高級綿といわれる「スーピマ綿」をオリジナル糸に紡績し、優しく編み上げてあります。肌あたり抜群のスーピマ綿の特徴と、吸水・発散性に優れたリネンの特徴をあわせ持つ素材感は、赤ちゃんにぴったりです。麻はすくすく伸び丈夫な植物であることから、赤ちゃんの成長を願う気持ちを込め、麻の葉印が入っております。

赤ちゃんにとって心地よい素材で作ったベビー用品。
・ぬいぐるみ(1,890円) ・スタイ(1,995円) ・短肌着(2,100円) 
・おくるみ(4,725円) ・くつ下(1,050円) ・木のおもちゃ(1,995円)

■専用のギフトBOXもご用意いたしました。御出産祝いなどご予算に応じてセットさせていただきます。

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

雨の日でも「安心きもの」♪

雨に濡れたらどうしよう。汚れたら…シミになったら…などと心配して、きものを楽しむ機会をなくした経験はありませんか?
今日みたいな雨の日は、きものをお召しになるのは心配です。
でも、大丈夫!パールトーン加工で、大切なきものを汚れやシミを気にせずに安心してお召しいただけます。

写真は、パールトーン加工を施した縮緬生地(絹100%)のきものに、水をかけたものです。水は染み込まずに弾いています。
絹本来の通気性も損ないませんので、秋風も爽やか。これなら雨の日の結婚披露宴やパーティーでも、思い切りきものを楽しむことができますね。

【パールトーンとは?】
・きもの本来の着心地を保ちます。
 繊維1本1本の深部まで、パールトーンを浸透させることで、高い撥水効果を発揮します。膜を張る防水加工と違い、
 生地本来の風合いや光沢、通気性を失わず、きもの本来の着心地を保ちます。
・パールトーン加工は、保存も安心です。
 保管中のカビ発生防止にも高い効果を発揮します。試験の結果、パールトーン加工のカビ抵抗性は、3級であることが
 証明されました。
・水を使ってのお手入れが可能です。
 パールトーン加工は不可能とされてきた、水を使ってのお手入れが可能です。汚れから大切なきものを守ります。

【パールトーン安心きものは、安心・便利・お得】
①縮から縮緬を、伸びから絞りを守る効果に優れています。
②生地を汚れから守り、シミになりにくくします。
③素材の風合いを損なうことは、殆どありません。
④高い通気性で、着心地が変わりません。
⑤白生地、金銀糸、箔などの変色防止に高い効果を発揮します。
⑥染め替えも可能です。
⑦お手持ちの仕立て上がりの着物にも、加工ができます。

【パールトーン加工の主な料金一例/袷仕立て上がり料金】
・振 袖…15,750円 ・留 袖…14,700円 ・訪問着…12,600円
・附下げ…12,600円 ・小 紋…11,550円 ・袋 帯… 9,450円

自分でお手入れするのは、ちょっと…という方は、迷わず当店まで。染み抜き程度なら1,050円(実費)で承ります。
きものでお困りの方は、お気軽にご相談下さい。

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

浴衣のお手入れ方法。

夏祭りや花火大会などで、たくさんの思い出を一緒に綴ってくれた大切な浴衣。
綺麗に保管しておいて、また来年の夏に楽しみたいものですね。まずは、浴衣や帯にお疲れ様の気持ちを込めて、すぐに風を通して湿気を取り除きましょう。
以下、浴衣を楽しんだ後の一般的なお手入れ方法をまとめてみましたので、是非参考にしてください。

【着たその日は・・・】
脱いだらすぐにきものハンガーにかけ、シミや汚れがないかチェックします。自分で落とせないような汚れを見つけたら、できるだけ早く当店まで。(ここ重要です)
汚れがなかったら、汗をかいたところに霧吹きで水をかけ、風通しの良い日陰に一晩干しておきます。帯や下駄なども同様に風を通し十分に湿気を取っておきます。ひと夏1~2回の着用なら、これだけで次も気持ち良く着ることができますね。

【お家でのお洗濯は・・・】
洗える素材の浴衣も増えているので、まずは表示をチェックしましょう。
《お洗濯のポイントです》
  ①前身ごろが表になるようにたたんで洗濯ネットに入れます。
  ②手で押し洗いするか、洗濯機の弱水流(手洗いモード)で洗います。木綿は普通の
    洗剤(蛍光剤の入ってないもの)、ポリエステルはお洒落着用洗剤を使用します。
    色落ちする可能性があるので、他のものと一緒に洗わないようにして下さいね。
  ③洗濯機で1分弱の脱水機にかけます。
  ④ハンガーにかけ、手でなでつけしてシワを伸ばしてから干します。
  ⑤生乾きか霧吹きで湿らせた状態で、裏側からあて布をしてスチームアイロンをかけます。
  ⑥ハンガーにかけ、十分に熱をとってからたたみます。

【きもの専門店かクリーニング店にお任せする時は・・・】
お家での洗濯は面倒だし、型崩れが心配という人は、きもの専門店かクリーニング店に任せましょう。その場合は、「水洗い」の指定をします。シミ抜きなどは、お店の人に事前に相談しておきます。お店から戻ってきたら、ビニールから出して風を通してからたたみます。

【シーズンオフの保管方法・・・】
綺麗にした浴衣は、保管時にシワにならないようにゆったりサイズの箪笥や衣装ケースに収納し、湿気を避けて保管します。防虫・防湿剤を入れるのを忘れずに。下駄は、乾いた布で表面の汚れを拭き、乾燥剤を入れましょう。

当店お薦めの衣類に匂いがつかないシート状の防虫・防湿剤。一箱10枚入りで1,995円(税込)です。
その他、着物でお困りの方は、お気軽にご相談下さいね。

カテゴリー: 浴衣について | コメントをどうぞ

三百年続く老舗の訓え。

中村四朗兵衛邸(扇四呉服店)に代々伝わる長文の家訓。
内容を一言で表せば、「質素倹約を旨とし、決して奢(おご)るな」ということです。「商売をしていると必ず好不調の波があります。不調の時には必死に頑張りますが、調子が少し上向くと心に奢(おご)りが生まれ、そしてそれは同時に衰退の兆しである」と家訓は戒めています。

大学卒業後に家業の呉服店を継ぐことを決心した私は、滋賀県近江八幡市の300年の歴史ある老舗呉服店で、第1期研修生として住込みで勤めていたことがあります。主人達と共に生活し、三度の食事を一緒に食べ、同じ風呂に入るという暮らしです。三年間共に生活する中で、毎日教えられたことが、「心に?マークを持て」でした。人に注意された時には「なぜ注意をされたのか?」、商品が売れた時には「なぜ買っていただけたのか?」・・・・・人間性を日々の生活の中で身に付くように教えられました。食事の時には、ご飯の食べ方まで奥さんにチェックされましたし、当然のことながら正座です。好き勝手していた学生生活から一変して、このような生活になったわけですから、最初は戸惑いましたし、逃げ出したいくらいでしたね。禁止されていたお客さんのお嬢さんと交際したり、交通事故をおこしたことも・・・。思い起こすと本当にご心配やご苦労をお掛けしました。

先日、お世話になった八幡の社長夫妻のもとに、静岡県で呉服店を営む同期生をはじめ、新潟、愛知、岡山、広島、福岡から同じ釜の飯を食った者同士が集い、思い出話に花を咲かせました。奥さんの美味しい手料理にそれぞれが持ち寄った地酒をいただきながら、本当に楽しかったですね。当時の色々な思い出がついこの間のように蘇ります。退社(卒業)して30年が経った今でも、時々集まって情報交換をしたり、結婚式などの晴れの日に招かれたり。社長夫妻も70歳を過ぎましたが、毎回私たちを快く招いてくれます。今回も社長夫妻を中心に深い絆で結ばれていることを、実感することができた一日でした。


中村四朗兵衛邸
扇屋(伴家:市内新町)に奉公していた四朗兵衛が、屋号の一字を譲り受け、「扇四呉服店」と称して当地に享保5年に開店したことに始まります。3代目が京都・大阪に出店するなど店を拡充し、5代目は初代八幡町の収入役として活躍しました。9代目となる今日も創業以来の【呉服】を商う(株)扇四呉服店として地域と共に歩んでいます。

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

林通信の特別編。~着物のご相談~

定期的にお届けしています「林通信」の特別編「着物のご相談」を掲載しました。

当店では、着物TPOやシミ・カビ落しなどの相談窓口を設けています。また、着付けでお困りの方もお気軽にご相談ください。
只今、浴衣ワンコイン着付けも好評受付中です。

林通信vol05-特別編

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

はやし好みの「通」なお知らせ。

一人でも多くの方に「きもの」や「和雑貨」の魅力をお伝えできればと思い、定期的に「林通信」をお届けしております。
是非、ご覧下さいますよう宜しくお願い致します。

世界文化遺産登録を記念して、「富士山」をモチーフにした和雑貨を取り揃えました。

林通信vol05

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ