日別アーカイブ: 2014年2月12日

江戸小紋と工芸九寸帯

「極鮫の江戸小紋に梔子色の九寸名古屋帯」 遠目では色無地に見え、近くに寄れば無数の細かな模様が特徴の一色で染められた江戸小紋。 江戸時代には、武士の礼装である裃(かみしも)に、それぞれの藩が定めた小紋を用いたことから発展 … 続きを読む

カテゴリー: 着物について | コメントをどうぞ