江戸小紋と工芸九寸帯


「極鮫の江戸小紋に梔子色の九寸名古屋帯」
遠目では色無地に見え、近くに寄れば無数の細かな模様が特徴の一色で染められた江戸小紋。

江戸時代には、武士の礼装である裃(かみしも)に、それぞれの藩が定めた小紋を用いたことから発展しました。江戸小紋に使う型紙は、和紙に錐(きり)などで模様を彫ったもので、伊勢(三重県)で製作されることから〝伊勢型紙〟と呼ばれます。
江戸小紋は、型紙を作る人、彫る人、染める人とそれぞれの職人の技の結晶です。特に〝小紋三役〟と呼ばれる鮫小紋、通し小紋、行儀小紋は、日本人でなければできない究極の技が必要とされています。

江戸小紋は、小紋と言っても格があり、小紋三役をはじめ細かく格の高い柄なら一つ紋で略礼装になります。コーディネイトする帯により、お茶会やお宮参り、七五三、入学式などにもお召しいただける現代のきもの生活にマッチする一枚です。

カテゴリー: 着物について   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です