伝統工芸品(和雑貨)の品定めに。

日本各地の伝統工芸メーカーによる、雑貨、ファッション、インテリアなどの合同展示会が大阪で開催され、家内と二人で出掛けました。私共の店は、着物の他に和雑貨も取り扱っています。吸収・速乾性に優れた蚊帳生地を使った〝ふきん〟や麻素材の歳時記タペストリー、日本で古くから使われている柄をあしらった眼鏡ケース・小銭入れ・手拭など、使う人がちょっと嬉しくなるような和雑貨です。
伝統工芸品はもともと、地域の気候風土や素材の中から生まれたもので、暮らしと共にあったものです。保存するのではなく、これからも暮らしの中で作り続け、使い続けることが伝統工芸品を未来に残す正しい道であると思います。
品定めしてきたお品は、随時、入荷します。どうぞ、手に取っていただいて〝もの〟を使うことを楽しんでいただきたいと思います。

カテゴリー: 和小物について   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です